五行歌・池上サロン掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


79件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[117] 十二月歌会出詠歌

投稿者: 一歳 投稿日:2019年12月 3日(火)06時49分10秒 p2759004-ipngn22501marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

年の瀬の慌ただしさ     雅蘭洞
正月ののどけさも
今は昔
情緒の文化が消え行き
効率の文明が蔓延る

朝日輝く空に        守野純子
羽田方面から北へ
雁大群の渡り
あっ 昨日伊豆に地震
予知能力? 一瞬驚く

鷹の井が           一 歳
浄らの水淼淼と
湛えることあらば
戀う
その源の水

決壊なくとも        紫かたばみ
洪水となる
出口を塞がれた
思いは逆流し
今、マンホールの蓋吹き上げる

AIさん          髙馬和子
あなたは緻密で完璧
でも
人々の琴線に触れる
五行歌を詠めますか

散歩で拾った        玉井チヨ子
ボケの実は
甘い香りの楕円形
果実酒や
ジャムになると知る

心を鎮めたいときは      旅 人
カッチーニのアヴェ・マリア
部屋中に響かせて
Repeat
奥底の思いを聴き続ける

岩をも砕く         大橋克明(欠席歌)
日本海の荒波
人の荒磯は
親子の情をも
容赦しない







[116] 十一月歌会出詠歌

投稿者: 一歳 投稿日:2019年11月 4日(月)23時34分39秒 p2002181-ipngn16801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

台風一過           守野純子
風雨に洗われた街
ビル群は白く
樹木は明るく
空気まぶしい朝

幻身             一 歳
釘打たるるとき
現身に聴く
槌音ー肉の顫え
Paternoster

式場を和ませる        田川宏朗
クラリネットの調べ
亡母さんが
好きだった
モーツァルトだよ

ラインの流れに        髙馬和子
誘われて
思わず 口遊ぶ
ローレライ
八十路の旅

老いの日常は         紫かたばみ
鈍行列車なのに
終着駅が近づくにつれ
超特急並みに
風景が過ぎ去ってゆく不思議

近い未来          雅蘭洞
人工頭脳が
自意識を持った時
魂・生死・実存の
概念が大きく変わる

目覚めたあとも       玉井チヨ子
妙に気になる
夢の中
忘れてきたのは
バックだけなのに

鰯が            旅 人
鯖が
抜けるような空を
泳いでいる
下界の不漁を見下ろしながら



[113] 作品評(2019年6月号)ありがとうございます

投稿者: 一歳 投稿日:2019年10月14日(月)03時31分59秒 p8208065-ipngn41901marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

大島健志さん、スレッドへの作品評(2019年6月号)掲示、ありがとうございます。
いつもの丁寧な評、月々の愉しみの一つとなっております。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



[112] 作品評(2019年6月号)投稿しました。

投稿者: 大島 健志 投稿日:2019年10月13日(日)23時03分45秒 110-232-30-121.fnnr.j-cnet.jp  通報   返信・引用

この掲示板をご覧の皆さま、台風19号の被害は大丈夫でしたでしょうか?
幸い、私の住む地域には大きな被害はありませんでしたが、
五行歌仲間の中には、甚大な被害を受けられた方々もおられることと思います。
お見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧を祈っております。

さて、すっかり更新が遅くなりましたが、
2019年6月号の作品評を投稿させていただきました。
今月はいつも以上に自分に「刺さる」お歌が多かった印象です。
よろしかったら、是非ご覧ください。



[110] 十月歌会出詠歌

投稿者: 一歳 投稿日:2019年10月 8日(火)01時24分38秒 p1427144-ipngn15001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

知りたいことは     旅 人
たった一つ?
何を思い
何を大切に
生きてきたのか

波風立てず      玉井チヨ子
棚上げに
紛失した回覧板
人の
記憶もあいまい

暑かった砂漠の国イラン  守野純子
オアシス都市には
庭木にザクロの緑が多く
気温50度以上になる地に
甘く大きなデーツが実っている

入り日に映える風物は   雅蘭洞
もの寂しいが美しい
キリコの絵のような
いつか見たような
消え入る美しさ

ひかれるのに       紫かたばみ
ストンと
腑に落ちない歌
食べ過ぎた次の日の
胃もたれに似て




[108] 作品評(2019年5月号)投稿ありがとう!

投稿者: 一歳 投稿日:2019年 9月 7日(土)01時44分6秒 p726208-ipngn13801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

大島健志さん、スレッドへの作品評(2019年5月号)掲示、ありがとうございます。
大島さんの作品評、いつも楽しみにしています。



[107] 作品評(2019年5月号)投稿しました

投稿者: 大島 健志 投稿日:2019年 9月 6日(金)21時24分25秒 110-232-30-121.fnnr.j-cnet.jp  通報   返信・引用

大島です。2019年5月号の作品評を投稿しました。
ご一読いただければ幸いです。



[105] 九月歌会出詠歌

投稿者: 一歳 投稿日:2019年 9月 4日(水)22時08分47秒 p6666193-ipngn30401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

光に影はない        雅蘭洞
遮るものが
影をつくる
不幸せを知って
幸せを知る

ちっちゃい体の中      紫かたばみ
でっかいプライドと
恥じる心が戦っている
悪いとわかっていても
ゴメンが言えない

百舌鳥夕雲*町を  *もずせきうん  コバライチ*キコ
夕陽が包む
太古の昔
大王*をも     *おおきみ
照らした光だ

もうすぐ        玉井チヨ子
始まる
マンション建設
青々とした
夏草の終着点

歌集作りとは      旅 人
自作品を
俯瞰して読むこと
思い入れを
外す難しさ



[103] 大島さん、ありがとう

投稿者: 旅人 投稿日:2019年 8月27日(火)08時38分43秒 ai126183005139.57.access-internet.ne.jp  通報   返信・引用

大島さん、作品評をありがとうございます。作品を丁寧に読み進めていく姿が浮かびます。お忙しいのに大変でしょうが、これからもよろしくお願いします。村岡 遊さんの作品の感性に、改めて心が動きました。



[102] 作品評(2019年4月号)投稿ありがとう!

投稿者: 一歳 投稿日:2019年 8月14日(水)11時04分45秒 p1549107-ipngn15401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

大島健志さん、スレッドへの作品評(2019年4月号)掲示、ありがとうございます。
いつも楽しみに待っております。
いろいろとお忙しいこととは存じますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


レンタル掲示板
79件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.