<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [26]
  • 『五行歌』十月号歌会レポート

  • 投稿者:一歳
  • 投稿日:2020年10月 3日(土)11時45分3秒
  • p8542216-ipngn42801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
レポート担当:旅人

 八月紙上歌会
 八月こそ通常歌会を! と広い会場を予約して歌も纏めて八月三日(月)の歌会を待つばかりとなった。忘れもしない八月一日。「二日続けて東京の感染者数は四百人を越えました」とニュースが流れた。「出席します」の明るい声に救われたが迷い続けた。そして、紙上歌会に変更をした。新型コロナは夏の暑さと湿度に弱いと巷の噂があったが、猛暑でも収まる気配はない。
 今回はコロナ禍の歌会のあり方を考える良いきっかけになった。十月からは、少人数を生かして広い会場でフェイスシールドを配布して通常歌会を開くことにしました。
 紙上歌会はコメントを書く楽しみ、じっくり読む楽しみもあるけれど、やはり言葉の応酬のあるリアル歌会に勝るものはないと思う。

  胸底の小部屋に   平井千尋(一席)
  ピースの
  欠けた
  絵を飾って
  生きている

 一片の欠片は、全てのピースに拮抗する力がある、胸の奥の絵には何が飾られているのか等々。作者は失ったピースはもう戻らないと涙するときがあると語っていました。

  思い人が待つ    玉井チヨ子(一席)
  都へと
  古人*も歩いたか   *いにしえびと
  夕暮れの
  きぬかけの路

 格調ある抒情的な作品、「古人・きぬかけ」に惹かれた等々。作者は一人旅で日暮れの心細さを古人に重ねたそうです。

  誰を生かすのか    コバライチ*キコ(二席)
  決めるのは神か
  医者なのか
  わたし 生きられそう
  なんて 思う夕暮れ

 パンデミックにこそ問われる命の選択、作者の生への力を感じた等々。正常性バイアスの高い作者は、コロナ禍の中、命の選択は誰が? でも生きられそうと。

  ゆっくりとまばたきしたら   紫かたばみ(二席)
  消えていそう
  セミの声だけする
  真昼の公園で
  一人遊ぶ子

 真夏、真昼の公園、異界の扉が開いたかのよう、キリコの絵の様なシュールな映像等々。作者は、真夏の静かすぎる公園で、黙々と一人遊ぶ孫といたら異空間の感覚になったそうです。
  


スレッド一覧

  1. 五行歌・池上サロン 歌会レポート(36)
  2. 作品評(自由投稿)(30)
  3. 足あと帳(3)
  4. 五行歌、短詩型(2)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成