<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [28]
  • 『五行歌』十一月号歌会レポート

  • 投稿者:一歳
  • 投稿日:2021年 7月17日(土)13時38分24秒
  • p8776221-ipngn21002marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  • 返信
 
レポート担当:紫かたばみ

 九月七日(月)
 台風十号の影響で、時おり激しい雨の降る中、めげずに八名の会員と見学の大箭佐代子さん、萩原康子さんの十名が集いました。

  一糸まとわず    玉井チヨ子(一席)
  モデルとなり
  無言館で
  今も待っている
  愛する人を

 一糸まとわずの出だしで出征した人への一途な思いが伝わります。愛する人を待ち続ける恥じらいと決意の表情の乙女の絵。作者は数年前、無言館で絵を見てあまりに強烈で歌にできなかったが八月のテレビ番組見てやっと歌になりましたと。
 二席の歌が、なんと五名。三席と共に歌の紹介のみで失礼します。

  ベニスの水路に/午後の日差しが/照り映えるころ/古びた壁に響く/狂人のテノール
                                  雅蘭洞(二席)

  水があって土があって/木があって風が吹いて/てふてふが たかくたかく/梢の先まで舞い上がり/
  音もなく秋が降りてきた                     旅 人(二席)

  地には/累々たる言葉の骸*/バベルの塔のごとく/今にも/天の怒りを買いそう   *むくろ
                                  岡田道程(二席)

  盗み見る/あなたの横顔/マスク外して/お茶を飲む/赤い唇に ドキッ
                                  紫かたばみ(二席)

  異国語が飛び交った/外国子女の通学路/緑陰の坂道/今 蝉時雨の元に/猫眠る
                                  髙馬和子(二席)

  自国への路/コロナで閉ざされて/「流人になった気持ち」と/ラインで/娘はつぶやいた
                                  武藤義子(三席)

 後半は、岡田道程さんの『星月夜』の鑑賞会を行いました。各自二首選びコメントし、それに作者が作った時の思いを丁寧に解説し、また作った歌を半年は寝かせて醗酵させてからもう一度推敲します等の、歌作りの秘訣まで、惜しみなく披露してくださいました。十名ではもったいない話でしたが、十名だから濃密な鑑賞会でした。


スレッド一覧

  1. 五行歌・池上サロン 歌会レポート(36)
  2. 作品評(自由投稿)(30)
  3. 足あと帳(3)
  4. 五行歌、短詩型(2)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成