teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【訃報】ブラウンブック第3版のジョン・グラーブ氏

 投稿者:ワークスK  投稿日:2020年11月27日(金)00時05分25秒
返信・引用
  MRフォーラムでハワード・ゼーン氏が伝えている。新型コロナとのこと。ブラウンブックについてはこちら。氏が経営した模型店ピーチクリークはこちら
20862
 
 

ビックリ ポン! 2

 投稿者:とやま  投稿日:2020年11月20日(金)20時36分9秒
返信・引用 編集済
  > No.460[元記事へ]

どうもありがとうございます。Big Johnの生まれた背景の考察は、ワークスKさんでないとできない事と思います。
さらに見つけた、車体がずいぶん黒っぽくなっていながらロゴがより明瞭なSOU7931、2008/4撮影
この時は同じ編成にもう1両つながっていましたが、それはほとんどロゴが読み取れない状態でした。もう10~12年以上前のこととは言え、良いタイミングだったようです。
 

SRビッグジョンをめぐるたくさんの不思議

 投稿者:ワークスK  投稿日:2020年11月17日(火)03時12分20秒
返信・引用 編集済
  > No.459[元記事へ]

とやまさん、こりゃあすごい。製造が1960年代前半だから50歳か。それにしても、きれい。落書きの魔の手をまぬがれている。
 このBig Johnについての基礎知識はアメリカ型鉄道模型大辞典をご覧いただきたい。なんで穀倉地帯ではないサザンなんだろうと今回検索したら、ジョージア州の養鶏業への飼料輸送がターゲットと判った。ここから妄想すると、当時、穀物生産地に低温貯蔵サイロが普及し始めていたのではないか。国内消費地への輸送に季節的変動が無くなり、ホッパーカーの稼働率を高く維持できる目途が立った。それで高価格だけれど積載量を多く出来るアルミ製となった。炭鉱と発電所の間をピストン運行する石炭ゴンドラと同じ理屈。グラフィティが描かれる暇がないほど。アルミ車体は腐食に強く長寿命で、一定数が充足されれば増備の必要はない……てな連想。あと、一部の鉄道が運賃割引に反対した理由とか、円筒型サイロはどうやって造るんかとか、……。"Magor"の発音は「ExactRailのMagor 4750カバードホッパー」へ。
20555


 

ビックリ ポン!

 投稿者:とやま  投稿日:2020年11月15日(日)15時56分35秒
返信・引用 編集済
  通過する貨物列車で、何か気になった貨車にシャッターを押していました。
でも撮ったときは全く気が付いておらず、約10年経って今さらながらの写真です。
1枚目 かなり薄れていますが、SOU7956、2011/7撮影
2枚目 うっすらBigのロゴが残るSOU8957、2010/10撮影

これらはMagor製、アルミ車体により荷重を増やしたBig Johnでした。
初期車は2列丸ハッチ、後期車は1列長ハッチとのことですが、どうやら初期車も後期車に
合わせて改造しているようです。
3枚目 手持ちのExactRailのHO模型。同社の製品は4948cuft初期車がモデル化されています。
 

Re: 【YouTube】驚くべき機関車回送列車

 投稿者:さかつう平和島平林  投稿日:2020年11月14日(土)23時49分22秒
返信・引用
  > No.456[元記事へ]

MRフォーラムで紹介された動画。冒頭にとんでもない列車が登場する。まずモデルでは無理。なお動画自体は42分と長尺で、色々とつないだオムニバス構成。なかにアムトラックや機関車トーマス、ホースシューカーブも出てくる。夜間が多いのは撮影機材の進歩。

冒頭の機関車回送の分(かな?)You Tubeで観ましたが前数輛分はMUも繋がって、途中からエアホースだけでした。
昔のアサーン青箱だったらやり易かったですが現行製品でやろうとするとウォームとモーター抜いて台車の車輪間ギヤも抜いて、と手間ばかり掛かりそう。
その前にダミー機が売ってないからアナログDC仕様買うにしてもハイディテールで値段が…。

それ以外でも榴弾砲戦車積載編成やらちょっと観ただけでも『ネタ列車』満載でした。
海コン1段積みばかり、という編成も出て来て日本人で『絶対2段満載じゃなきゃヤダ!』とか言ってる人に観せたい映像でした。
 

Re: 【YouTube】驚くべき機関車回送列車

 投稿者:ワークスK  投稿日:2020年11月14日(土)03時45分8秒
返信・引用 編集済
  これで思い出すのが瀬戸大橋の荷重試験列車。EF65をピボット台車付のダミーで売り出してくれれば……。

 

【YouTube】驚くべき機関車回送列車

 投稿者:ワークスK  投稿日:2020年11月13日(金)08時09分59秒
返信・引用
  MRフォーラムで紹介された動画。冒頭にとんでもない列車が登場する。まずモデルでは無理。なお動画自体は42分と長尺で、色々とつないだオムニバス構成。なかにアムトラックや機関車トーマス、ホースシューカーブも出てくる。夜間が多いのは撮影機材の進歩。
20404
 

Re: 【MRフォーラム】"Lima"の発音は?

 投稿者:松本哲堂@風雅松本亭  投稿日:2020年11月11日(水)19時48分53秒
返信・引用
  > No.454[元記事へ]

アメリカ英語では「i」を「アイ」と発音すると聴いたことがあります。だから、アルトルーロ・トスカニーニは「トスカナイナイ」、ニコロ・パガニーニは「パガナイナイ」。どちらもイタリア人の方だった筈ですが、ご本人たちは「トスカニーニ「パガニーニ」のつもりだったようで、、、。「Lima」は「ライマ」だと思い込んでいましたが、この会社自体は社名の発音をどのように考えていたんでしょうね。

最近の例では、臺灣のマザーボードメーカーのASUSTekを「エースース」と読ませるらしいですが、PC自作歴の長い人は「アサーステック」「アシューステック」と読む傾向が強いみたい。私は一貫して「アサーステック」なんですが、企業自身で「当社の社名の読み方は"エースース"」とやられてしまうと、アサーステック派は分が悪くなってしまいます。
 

【MRフォーラム】"Lima"の発音は?

 投稿者:ワークスK  投稿日:2020年11月11日(水)13時43分50秒
返信・引用 編集済
  > No.155[元記事へ]

もちろん我々の世界では、イタリアの模型メーカーが「リマ」で、ペルーの首都も「リマ」。そして蒸気機関車製造で名高い工場は「ライマ」……っていうのが常識。ところがところが、その名の由来となったオハイオ州の地名を地元では"LIE-MUH"、そしてイギリスでは「Leema」。最初の入植者であるフランス系スイス人の影響? ペルーは"Lee-muh"ってのは、理解不能。ウィキペディア英語版には"Lima (/?la?m?/ LY-m?"とあるんだけどなあ。>>MRフォーラム
20352
ハンドマン出版刊の
「Lima the History」に何か書いてあるかな。

 

Re: 熱海軽便鉄道のへっつい機関車

 投稿者:ワークスK  投稿日:2020年11月11日(水)04時53分58秒
返信・引用 編集済
  > No.450[元記事へ]

「へっつい」はカマドのこととは認識していたが、志賀直哉が起源とは知らなかった。>>湯口徹著 「へっつい」の系譜 -低重心超小型機関車の一族- ここの「試し読み」をオープンされたし。言いだしっぺは臼井茂信氏あたりだろうか。
20338
 

レンタル掲示板
/45