Nagi & Katsuta BASEBALL TEAM

~Chance,Challenge,Change~




50件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[50] 結果は、最善

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 7月24日(火)18時24分28秒 KD106133136128.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

随分更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。

先日の大雨による災害、そして美作総体の敗戦。なかなか受けとめきれずに自分の中でも切り替えることができませんでした。

敗戦の責任は全て私にあり、悔やんでも悔やみきれない結果となりました。

あまり気持ちを表現するのは得意ではないけれど、内面には熱いものを持ち、自分たちの課題と向き合い、黙々と取り組むことができる三年生。後輩が入ってきてからも偉ぶることなく、率先して準備や整備を行うなど、人間性も大きく成長しました。

そんなみんなだからこそ勝たせてやりたかった。

本当に残念でなりません。

しかし、我々は前を向いていかなければなりません。

こんな言葉があります。

「神様は、常に最高の結果を与えないかもしれないが、最善の結果を与える」


必ず、これからに生かしましょう。

さて、新チームですが新たに美作中学校と合同チームを組むことになり、美作・勝田・奈義合同チームとなります。

監督は美作中学校の廣瀬先生にお願いすることになりました。それに伴い、この掲示板はしばらくは休止したいと思います。ありがとうございました。





[49] (無題)

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 7月 1日(日)18時08分37秒 KD106133130185.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

本日は美作総体前、最後の練習試合となりました。

第1試合
美作4ー5奈義勝田

第2試合
奈義勝田2ー5作東英田

今日のテーマは「野球を楽しむ」

最後の練習試合にして、最もシンプルなテーマにしました。

ここでいう「楽しむ」とは、ふざけて面白おかしくやる、ということではなく、いつどんな状況におかれても笑顔でやる、ということでもありません。

野球に夢中になる没入感、仲間と意識を共有する一体感、そして相手との勝負に対するワクワクドキドキ感。

例えば、野球の試合の中で、エラーをすると、「何でエラーしてしまったのか」と悔やんだりする人や、「絶対にミスを取り返すために必ず打つ」と意気込む人がいます。

後者はのぞましい考え方と思われがちですが、実はどちらものぞましい考え方ではないようです。

過去のこと(成功や失敗)や未来のこと(勝敗や打席などの結果)に意識を向けると、力みや焦りにつながります。

ただひたすらに、今に夢中になる。

こういった精神状態でプレーできた選手が今日は多かったのではないでしょうか。

さて、いよいよ今週の金曜日から総体が始まります。

しっかり楽しみましょう!



※今日の試合で相手と接触し負傷した小阪君ですが、明日から運動はできるとのことです。安心してください。



[48] (無題)

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 6月16日(土)18時58分8秒 KD106133126164.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

久しぶりの投稿になりました。

本日のメニュー
・W-UP
・紅白戦
・ケースノック1(バント処理)
・ケースノック2(中継プレー)
・課題練習

本日の練習中、気の抜けたプレーが見られました。技術面や身体面の問題によるものでなく、明らかな「怠慢」プレーと感じました。

そしてそういったプレーを「仲間」がしていることに関して、周りから疑問の声や厳しい声は一切ありません。

まだまだチームとして、未熟な状態であることを認識し、自分の指導力のなさを痛感しました。

しかし、選手ミーティング後、練習を再開すると、改善が見られました。

人間は弱い生き物です。

楽で、安易な方向に走ってしまいます。また同じように甘さや弱さがある人を見つけ、流されてしまいます。

逆に、本気の仲間がいれば、刺激され、触発されてみんなで良い方向に進むこともできます。

まずは、自分から変わること。

私自身も今日のことから、もう一度やっていきたいと思います。



[47] 投手が制球を乱したとき

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 6月 3日(日)12時55分55秒 103.5.140.140  通報   返信・引用   編集済

昨日は支部総体以来の試合となりました。

第一試合
奈義勝田10ー3加茂

第2試合
奈義勝田15ー1久米


第1試合は序盤先発ヒロヤが制球に苦しみ、失点をするピッチングとなりましたが、中盤にかけてなんとか持ちこたえ、集中打で逆転。逆転した直後に二死満塁からライト戦の当たりをヨウヘイが好捕。その後はリリーフしたユウマ、シュウトが無失点に抑え、勝利しました。

第2試合は序盤から好球必打でしっかり打ち返し、また相手の守備の乱れもあり、大量得点。投手は再びユウマ、そして投げたいとアピールしてきた一年生、リョウガ、ソラ、最後にダイチとリレー。初マスクのヨウヘイもしっかり経験できました。


今回の試合で感じたことは、投手が制球を乱したときにできること。

投手自身としては、自分がコントロールできることに集中すること。

次のうち、どれがコントロールできることでしょうか?

①自分がストライクを投げる
②打者を抑える
③審判の判定
④相手チームの走塁、作戦
⑤天気(雨、暑さなど)
⑥声援
⑦自分の感情
⑧自分の動作



正解は


⑦、⑧のみです。

よく制球を乱してしまうと、⑦、⑧以外のことに気をとられてしまいますが、自分がコントロールできることは多くありません。

結果にとらわれず、自分が今できることに注意を向けられるかが大切なことになるのではないでしょうか?


一方で、捕手にできること、他の野手にできることもあるはずです。

今現在のチームとしては、なかなか投手に声をかけることもできず、投手が孤立してしまっています。


投手がフォアボールを出すから悪いのでなく、そんな投手に何か力になってやることはできるはずです。

しんどい時、逆境にこそ力を発揮できる選手やチームになりたいですね。



[46] ど真ん中

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 5月27日(日)14時21分49秒 KD182251244044.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

本日の練習は

・W-UP
・ゴロ捕球(オジー、アレナド)
・キャッチボール
・ロングティー
・C-DOWN

でした。

原点回帰ということで、ゴロ捕球は「下から見る。下から出す。」を意識。

バッティングは、2ストライクまでの「真ん中」に甘く入った球を確実に仕留めることをテーマにしたロングティーにしました。

野球の原点は何か。それは、投手は自分の自信のあるボールを思いきって真ん中めがけて投げ込み、打者はそのボールを思い切り弾き返すことだと思います。

投手は同点の最終回、2アウト満塁、2ー3でこの球だったら大丈夫と、真ん中めがけて投げ込めるボールを作りましょう。

打者は、インコースにズバッと決められた球や、ストライクゾーンをかすめるようにして急激に曲がり沈んでいくボールは打てなくても構いません。

ただ、「真ん中付近に来たら、速いボールでも、変化球でも打ち返すことができる」

という自信を持って打席にのぞめるようになりたいですね。

真ん中が打てればあとは、工夫次第でどこでも打てます。

それでは、来週も意識高く取り組みましょう。




[45] 明日の練習について

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 5月26日(土)16時40分42秒 KD182251244012.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

明日は8時練習開始です。奈義中で行いますのでよろしくお願いします。



[44] 原点回帰

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 5月13日(日)18時17分45秒 KD119104147021.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

支部総体が終わり、今日は雨天ということもあり、奈義中のみの練習となりました。

5月は奈義中は今週テスト週間に突入。勝田中は体育会練習にこれから入るということもあり、練習試合は一切入れていません。


試合から遠ざかる今だからこそ、もう一度基礎的技術の見直しと、当たり前のことを当たり前にするという実践をしていきたいと思います。


本日の練習は、世界最高レベルの守備と、それを支える基礎的技術を高める練習法を動画視聴し、その後の練習で、早速取り組みました。

練習法の解説

・オジードリル(メジャーリーグの往年の名選手、オジースミス氏が実践していた練習)
守備者は両膝をついた状態でゴロを転がしてもらう。守備者は予めグラブを地面に着けた状態で待ち、バウンドに合わせてグラブを「下から上」に上げながら捕球する。ハンドリングの基礎練習になる。

・アレナドドリル(メジャーNo.1サードと言われるロッキーズのアレナド選手の練習法から命名)
守備者は中腰で地面にグラブを着けた状態で待つ。ゴロに対し、グラブを地面から浮かさずにバウンドを合わせられるよう(基本ショートバウンドで捕るつもりで)、足を運ぶ。目線を上下動させずに移動する感覚、ハンドリングを自在に使うためのフットワークの練習。

※動画はyou tube  ALENAD  FIELDING  で検索してください。

またバッティングでは、強く速く遠くに打球を飛ばすためのバットの使い方、体の使い方を伝授。(菱川理論ですが)

1つでもいい感覚のものがあれば取り入れてみてください。(合わないものは捨てるという決断も重要)



[43] (無題)

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 5月11日(金)18時35分40秒 KD182251244013.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

今日は支部総体。

結果

奈義勝田5ー6勝央

初戦敗退となりました。

◎初回の先制のピンチを落ち着いた中継プレーで切り抜けた
◎シュウトは4回1失点。ランナーを出しながらも要所を締め、先発としての役割を果たした
◎公式戦初登板のダイチが、なおも続くピンチを切り抜けた
◎0ー6と追い込まれた場面で最終回一人一人が集中し、1点差まで追い上げることができた

今日は、課題と改善は書きません。

本日の敗戦の責任は私にあります。

普通にやれば勝央に勝てる確率が高いという思い込み、慢心。

場面ごとの動きを個人で考えられるようにしていなかった教育不足。

ギリギリの場面でも普段通りプレーできるんだという自信が持てるだけの技術を持たせてやれていなかったこと。

采配うんぬんよりも今日までに自分自身の準備が足りてなかったことが一番の敗因であると感じました。

一方で勝央中。昨年の秋のチームから大きく成長し、もちろんよく打つ打者もいますが、ただ打ってくるだけではなく、自分の武器(ファウルで粘る、セーフティバント、ゴロ打ちなど)を持ち、そこで勝負してくる選手の存在を感じました。

またエースは変化球を巧みに織り交ぜ、広いストライクゾーンを有効に使って打者を討ち取っていました。

そしてピンチの時、または流れが悪くなりそうな時を自主的に察知し、タイムをとって、全体の集中力をもう一度高めてからピンチをしのぎきりました。

細かいことをいうと、一試合目の試合終了後、勝央の選手はあっという間にベンチ入りし、キャッチボールを始めていたのに対して、奈義勝田の選手がベンチから出てきたのも5分以上遅れていました。

ひいきめなしで見て、個々の能力ではうちのチームの選手の方が高いでしょう。

しかし、「個々の意識の高さ」、そして「チームとしての総合力」ではコールド負けの試合だったように感じます。


これが野球です。今日は反省と後悔をしまくって、ひきずりまくっていい日です。

この悔しさをどこにぶつけるか?野球にぶつけましょうね。

明後日の練習は、奈義中で8時半から行います。教室でミーティングからスタートしますので、それまでに外で練習できる準備を済ませておいてください。

練習メニュー
準備
8時半までにネットを内野後方に並べる
ソフトトスによるロングティーが3ヶ所、バッティングケージ加えて4ヶ所もすぐ出来るよう準備しておく
8時半~
・ミーティング
・W-UP
・ゴロ捕球(オジー、アレナド)
・タッグ&スライディング
・スローイング
・ロングティー(ソフトトスによる)3ヶ所
・C-DOWN



[42] 支部総体まであと2日

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 5月 9日(水)21時21分0秒 KD182251244015.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

今年度初の公式戦となる、美勝英支部総体が近づいてきました。

初戦の対戦相手は勝央中学校。公式戦では負けてはいませんが、着実に力をつけてきています。

簡単に勝てる相手ではありませんが、焦らずにこちらの野球を展開できれば、勝利に近づいていくでしょう。

初戦のテーマは「1つずつ」です。

攻撃面では、打者はセンター中心に甘い球を打ち返すことを徹底し、相手投手を攻略しましょう。
そして走者が出たら一死三塁の状況を作り出すことを最優先に攻めましょう。ギャンブルする価値があるかどうかを見極め、1点ずつ加点します。

引っ張りにいかず、時には低めの変化球を打ちに行った中でしっかり見極めることができると、相手投手は苦しくなりますね。

守備では、例え先制されても焦ることはありません。前半はまずアウトをとっていくことを最優先に、1、2点はあげてもいいという余裕を持って一人一人の打者を討ち取っていきましょう。

投手は練習試合通り継投で行く予定です。うちの投手陣はそれぞれ特徴があるので、自分の得意球を生かして攻めることが、次の投手が投げるときにも生きてきます。

そしてベンチワークですが、1年生が入って以来、とても期待がもてます。

ベンチの最大の役割はJKです。チームのために「脳」をフル回転させましょう。視野を広く持ち、ボールだけを見るのでなく、ボール以外の動きを感じ、声が出せるようになってほしいですね。

もちろんこの支部総体は美作総体のシードにもつながる重要な試合です。

しかし、それよりももっと大事なのはこの支部総体を通じてもっとチームが、そして個人が成長することです。

チャレンジの気持ちを忘れることなく、しっかり楽しんで野球したいですね。ギリギリの場面でこそ、ワクワクできたら、勝ちですよ。

明日は背番号配付があります。様々な思いと期待を込めて、渡します。しっかりと受け取ってください。



[41] 真庭遠征終わりました

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 5月 4日(金)21時59分59秒 KD182251244038.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

本日も遠方までありがとうございました。

一試合目
奈義勝田5ー7久世

二試合目
奈義勝田10ー1落合

◎狙い球を決め、早いカウントから積極的に振っていった結果ヒットがつながる場面があった。
◎2試合ともヒロヤ、シュウトの両先発が立ちあがりを無失点に抑えた。
◎勝負する場面で思いきった走塁ができた。(結果的にアウトになったが)
◎中学初ヒットが二人出るなど、1年生が存在感を見せた。
◎外野の守備範囲が向上している。
◎久しぶりの勝利。
☆中継プレーの指示の声を全員でつなぐ。
☆バントシフトの事前確認。
☆内野守備の精度を上げる。
☆センター中心に打ち返す。(引っかけない)
☆低めのボール球を打ちに行った上で見送れるか。
☆二塁でのバントの精度を上げる。
☆悪い流れになった時のアクション(間をとる、声かけ)や、マインドセット(切り替えのルーティーン)

などが次回に向けていかせるところですね。

今回の真庭遠征で、実に多くの収穫がありました。
ベンチからの声や、取り組んでいく姿勢など、今までやってきたことと、そして新たにこの1年生たちの加入が、チームに良い化学反応をもたらしているように感じます。

1週間後の金曜日は、支部総体。一人一人が持つべき役割を果たすことに集中すれば、自ずと結果はついていきます。

しっかり準備をして、「決戦は金曜日」に挑みましょう。


レンタル掲示板
50件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.